日本通信株式会社は 6月14日発売「b-mobile WiFi3」を発売日当日に
ありえない理由で急遽出荷停止としました。その理由とは?

モバイル

WiFi3出荷停止、本来あり得ない理由で

日本通信株式会社(以下、「当社」という)は、b-mobile4G WiFi3を本日発売としてご案内していましたが、SIMロックが掛かっていることが判明したため、出荷を停止しました。…

日本通信株式会社

「b-mobile WiFi3」の最大の特徴といえば?

「LTE 3バンドに対応&長持ちバッテリー」が最大の売りのはずのモバイルルーター。

LTEネットワークは800/1500/2100MHzの3バンドに対応していながら、SIMフリーで
あるはずが、実際に出荷された製品にはDocomoのSIMロックが掛かっていたので
今回の騒ぎとなりました。

DocomoのSIMロックが掛かっていると何故ダメなの?

日本通信さんが自社で提供しているSIMはDocomoの回線網を借り受けている
MVNO*1 という形態のサービスなので、今回出荷された商品は日本通信さん提供の
SIMを使う限りは何ら問題なく使用できる筈です。

しかし、日本通信さんはSIMフリーを推進しているという立場から、
理念を貫く使命として敢えて出荷を停止した。という性格のもののようです。

日本通信さん提供のSIMのユーザーは「SIMロックフリー」で
なくても別に良かったのに!って人も多いでしょうけど。

まぁ、製品の特長の1つとして「SIMロックフリー」を謳っている以上、
何事も無かったかのように売る訳にもいかないので懸命な判断かとは
思います。

出荷停止にしたこと自体は、会社として筋が通っているようには思いますが、
いかんせん…メーカーから製品が出荷されるまでSIMロックが掛かっている
ことを知りえない状況については今後改める必要を感じます。

*1 MVNO(Mobile Virtual Network Operator)
独自の回線網を持たないで、実際に保有する他の事業者から借りて、
自社ブランドで通信サービスを行う事業者。)

photo by: Ed Yourdon