FLASH(光文社)が24時間テレビ(日本テレビ)
の出演者のギャラを公開し、波紋を呼んでいる…

24時間テレビ

「嵐5,000万円、森三中・大島1,000万円……」『24時間テレビ』のギャラ公開報道に波紋

「企画が下品」「視聴率低過ぎ」などと賛否両論を巻き起こした今年の『27時間テレビ』(フジテレビ系)が終わり、次はチャリティ番組『24時間テレビ36「愛は地球を救う」』(日本テレビ系)が今月24~25日に放送される。
2年連続でメインパーソナリティーを務める嵐を筆頭に、総合司会の羽鳥慎一、チャリティパーソナリティーの上戸彩などが出演。昨年は、11億6,847万1,704円の募金が集まり、今年も全国で募金活動を行うという。
そんな夏の風物詩となっている『24時間テレビ』について、先月30日発売の「FLASH」(光文社)が、出演者のギャラを掲載している。金額は以下の通り。…

livedoorニュース

24時間テレビ出演者のギャラについて

24時間テレビの主演者に対してギャラが出ているというのは
出演依頼をされた際、ギャラが出ると聞き、出演を断ったとされる
ビートたけしさんや明石家さんまさんのエピソードなどで有名ですが、

FLASHによって出演者のギャラが明かされてしまったので…

実際の金額は上記「livedoorニュース」さんの記事でご覧ください。

チャリティなのに…?

http://www.ntv.co.jp/24h/index.html

筆者も昔は、タレントさんもチャリティで頑張ってていい番組だなぁ。と、
24時間テレビの募金箱を見れば、お小遣いから僅かでも募金をする子供でした。

少し大きくなった頃に…あれっ?番組内で散々流れてるCMのスポンサーからの
お金は何に使ってる?と、考え… あぁ、番組を作るのにお金が掛かってるんだよね。
そりゃそうだと、納得し…

もう少したった頃、なーんだタレントさんもギャラ貰ってるんだ!と知り…
チャリティ番組である以上違和感はありました…やっぱり。

でも、そうやってでも集めたお金は役に立ってるんだからと思おうとしたけど…

たまたまかも知れませんが、ちらほら見掛ける、
たいして使われていない24時間テレビと書かれた車両。

黄色じゃない箱に…

その頃からは24時間テレビと書かれた黄色い募金箱じゃない
募金する時点で何に使われるのかがハッキリしたものにだけ募金するようになりました。

そして… 東日本大震災… たとえわずかでも被災された方のお役に立てればと募金をし…
蓋を開ければ予算流用のニュース。

やれやれ…です。ここへ来て今回のニュース…

本題に戻りますが…

すみません。話が少々脱線しました。

今回は、チャリティ番組に出演して高額のギャラを
受け取るってどうなの?ってことで波紋を呼んでいます。よね?

もし、出演者の皆さんにタダで出て貰うとすると
今度は、出演者をタダで使ってるのに、テレビ局を始め
番組制作関係者はどうなんだ?ってなりますよね?きっと。

無理難題かも知れませんが…

あくまで個人的な意見ですが…

本来ならば募金と称してお金を集める以上、その活動の為に
出入りするお金の動きは全て明確にするのが筋だと思います。

もし可能なら、24時間テレビも番組自体の収支を晒したうえで
収入から10%でも20%でもいいでしょう、一定割合を募金して、
残りで番組作りをすればいいのに…と。

出演者も含め、番組関係者みんながその割合で募金する。

まぁ…チャリティとはいえ、テレビ番組では難しいでしょうけどね。

海外では…

2009年と少し前のライブドアニュースさんの記事(ソースは日刊サイゾーさん)ですが

外国人も呆れる″エセチャリティ″『24時間テレビ』最大の過ちとは
http://news.livedoor.com/article/detail/4310725/

海外でなら出来てもたぶん日本では文化的にむずかしいのかな?

で、どうします?

番組内容自体には言いたいことが無くもないのですが

今回のニュース、実際に集まったお金が、様々な場所で役に立っているのは事実ですし、
募金箱を持って街角に立たれている方々は真剣に頑張ってらっしゃってて頭が下がります。

番組のやり方を替えられるなら変えた方がいいんじゃないかとは思いつつも…

あくまで、テレビ番組なのでテレビの慣習や限界も有るでしょうし、
チャリティテレビショーだと思って気にしなければいいのかな?と。

24時間テレビの募金も、これは被災地支援に、これは福祉にと
お金の行き先が分かればいいのですが…

募金は、これまで通り、どこに使われるのか書かれた募金箱にしたいと思います。
それでも本当にお金を必要とされている人の元まで届くかどうかは分かりませんが…

36回目

36回目ととても長く続いている「日本の夏の風物詩」となっている「24時間テレビ」、
その活動自体は素晴らしいものだと思いますので、より良い形で先に繋げて行って欲しいと願います。

photo by: inazakira