BOØWY、THE BLUE HEARTS、エレファントカシマシ、GLAY、JUDY AND MARY
誰もが知っている名だたるバンドのプロデュースを手掛けてきた名音楽プロデューサーの
佐久間正英氏が末期のスキルス胃がんであることを告白した。

My guiter

goodbye world

その昔C言語から始まったプログラム学習で必ず通る”hello world”と言う言葉。その真逆の言葉を自分の口から公に向けなければならない日が来るとは、思いもしていなかった。

2013年4月上旬自分がスキルス胃ガンのステージVI になっている事を知る。今年から小学校の一人娘の入学式前日の出来事。

発見段階で医師からはすでに手の施し様はあまりない事を聞き(発見された転移部位の問題もあり)、手術や抗がん剤等積極的なアプローチにはリアリティを感じなかった。…

masahidesakuma.net

佐久間正英さんが末期がんを告白

佐久間さんの告白は上記リンク先をご覧ください。

佐久間正英さんは

BOØWY、THE BLUE HEARTS、エレファントカシマシ、GLAY、JUDY AND MARY
誰もが知っている名だたるバンドのプロデュースを手掛けてきた名音楽プロデューサー。

そんな佐久間さんが今年1年生になられた娘さんの入学式前日に、自身が末期がんで
あると知らされる…言葉もないです。

自分のミュージシャン人生最後になるだろうと望まれた大舞台
8月6日、代々木第一体育館でのAARONのライブ。

その本番開始3時間前、それ以前にも10分くらい起こったことが有ったそうですが
脳障害によって左手の知覚がおかしくなって、まともにギターが弾けなくなってしまう。

正常に戻ったり、おかしくなったり

本番が始まり「幸い!弾ける!!」と思ったのも束の間、一曲目の途中で全く弾けなくなった。

以降、何とかステージを終えられるが、それ以降症状は消えないという。

出来ることならこのステージだけでも、1曲だけでも気持ちよく弾かせてあげたかったなって…
現実はなんて残酷なんだろう…

やりたいこと、やらなければならないこと、やりかけたこと、守りたいモノ・人、伝えたかったこと・想い…

を胸に、8月14日 佐久間さんは脳腫瘍の手術を受けられます。
ただただ、手術の成功を願うばかりです。

佐久間正英ツイッターアカウント @masahidesakuma

佐久間正英HP masahidesakuma.net http://www.masahidesakuma.net/

スキルス胃がん – Wikipedia

photo by: Mekkjp