神戸市灘区の酒造会社「富久娘酒造」が自社の商品に不適切表示が有ったことを
明らかにした。

Sake

<不適切表示>富久娘酒造の純米酒など38銘柄 自主回収へ

神戸市灘区の酒造会社「富久娘酒造」は11日、純米酒などの「特定名称酒」に醸造アルコールを使用するなどの不適切表示があったことを明らかにした。規格外の米を使用した本醸造酒や吟醸酒もあったといい、対象は38銘柄で、期間や出荷数は調査中。同社は今年10月以前の製造分を自主回収する。

同社によると、醸造アルコールは現場の担当者が品質を一定にするため、純米酒に混ぜることがあった。本醸造酒などには酒米の一部に農林水産省の規格外の加工用米を使用。こうじを作る際、誤って混ぜていたという。

同社は今年1~10月、特定名称酒を一升瓶換算で約25万本製造している。小島久佳社長は「偽装するつもりはなかった。会社として管理不足だった。お客さまの信頼を裏切り、大変申し訳ない気持ちでいっぱいだ。二度と起きないようにしたい」としている。

Yahoo!ニュース(記事全文はこちらで!)

醸造アルコール

醸造アルコールとはサトウキビから作ったエチルアルコール(エタノール)とのこと。

 

香りの成分は水よりアルコールの方が溶け込みやすいため、

醸造アルコールを酒に加える事で、より香りを引き出せ、かつ、味のキレも出ると言います。

 

また、単純に醸造アルコールを加える事でかさ増しをするという意味でも使われています。

純米酒・純米吟醸酒…

純米酒や純米吟醸酒の様に「純米」と謳っているものには

醸造アルコールを使用されていません。

純粋に米と米こうじと水だけで作られたお酒です。

 

これに、醸造アルコールを添加したものが本醸造酒・吟醸酒となるのですが、

香りや酒質を調整する目的で醸造アルコールを加えます。

 

今回の不適切表示の一例は、本来出来上がってしまえば

一切のごまかしが効かないはずの純米酒・純米吟醸酒などに醸造アルコールを加えたものを

正直に本醸造酒・吟醸酒等とは書かず、純米酒・純米吟醸酒等と書いて売っていたということなので

「うっかり」とか「入手困難な時に別の食材を…」というケースと同列に扱うのは…

 

どう説明しようとこれは詐欺以外の何ものでもないような気がします。

 

純米酒

醸造アルコール自体は体に害は無いとされています。

なので、たまたま敏感なだけなのかも知れませんが…

 

実は筆者、「醸造アルコール」を添加してある酒を1合程度以上飲むと

翌日喉が痛くなってしまいます。なので、日本酒を飲む時は量を控えるか純米酒を飲むようにしています。

 

吟醸であろうと大吟醸であろうと喉が痛くなり、純米酒だとならないので

醸造アルコールの影響であろうことは間違いなさそうなので

純米酒に醸造アルコールを混ぜられると… とっても迷惑な話です。

 

偽装するつもりはなかった。会社として管理不足だった。

Yahoo!ニュース(記事全文はこちらで!)

 

小島社長のこのコメントはさすがに無理があるのでは無いかと思います。

純米「秘傳」 竹鶴酒造

竹鶴酒造の代表銘柄!米の旨味を追求したロングセラー!竹鶴酒造 純米 秘傳(ひでん) 720ml...

竹鶴酒造の代表銘柄!米の旨味を追求したロングセラー!竹鶴酒造 純米 秘傳(ひでん) 720ml…
価格:1,223円(税込、送料別)

筆者が大好きなお酒です。

初めて飲んだ時はおでんを食べながら熱燗で飲んで、

その旨さにびっくりして椅子から落ちました。(実話です。)

 

このお酒、見た目に少し黄色いんです。

一般的には炭を入れて雑味や色を取って透明な酒にするところを

ここのお酒は炭でごまかしたりせず、米の旨みに拘ってお酒を作られています。

もちろん、翌日に喉が痛くなったりしません。

 

こういう蔵元さんもおられるので、今回のように「不適切表示」なんて

ニュース出てくると… 寂しいですね。

 

ここの蔵元さんのお酒はどれもほんとに美味しいんですよ。

日本酒好きな方はぜひお試しを!